キャッシング即日融資

MENU

即日キャッシングの金利は高い?

「即日融資のキャッシングは金利が高い」
そんなふうに思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はそんなことはありません。

 

即日融資可能なキャッシングサービスには消費者金融から銀行カードローンといろいろあるわけですが、金利は高めなところもあれば非常に低金利なところもあります。

 

金利は各社によっても微妙に異なりますが、傾向として金融機関ごとで次のような傾向がみられます。

 

銀行カードローン系

金利は低いがその分審査は厳しい傾向にある。また即日融資可能でも審査に時間がかかる傾向もある。

 

大手消費者金融系

金利はやや高めだがその分審査は比較的柔軟な傾向にある。融資スピードに優れている。

 

中小の消費者金融系

金利は大手と同等〜高めで審査は大手よりも柔軟な傾向にある。

 

このように、金利が低くても即日融資可能なところはあります。ただしその分、審査に時間がかかる可能性が出てくるので、どうしても今日中に借りたい、という場合にはある程度審査の柔軟なサービスを利用したほうがいいと言えるかもしれません。

 

貸金業法の改正によって貸金業者の上限金利は年20.0%と数年前に定められました。(それを超える金利になることはコンプライアンス違反となり、刑事罰の対象となります。)金利がやや高め、と言っても、中小の消費者金融で18.0%〜20.0%程度、大手消費者金融で18.0%程度、大手都市銀行カードローンで14.5%程度となっていますから、それほど驚くほどの差にはなりません。

 

特に即日キャッシングでの利用の場合、少額で短期の借入の方がほとんどです。確かに融資スピードを考えますと金利が高いほうが早く借りられる可能性は高いですが、実際のところ金利差・利息の差というのは、少額で短期の借入であればそれほど気にしなくてもいい、ということが言えるでしょう。