キャッシング即日融資

MENU

即日キャッシングは締め切りに注意!

即日キャッシングは申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができますので、緊急でお金が必要なときなどに大変便利なサービスです。

 

しかし覚えておきたいのが、即日キャッシングは24時間対応ではない、という点です。業者ごとで締め切り時間が異なっており、それを超えてしまいますと翌営業日以降になってしまいその日のうちにお金を借りることができなくなってしまいます。

 

そのため即日キャッシング利用の際には、

 

・今の時点で間に合う即日融資はどこなのか?
・何時までに手続きを済ませればいいのか?

 

ということを考えながら借入先を決める必要があるのです。

 

またキャッシングには必ず審査があります。審査時間は大手消費者金融などの早いところで最短30分としていますが、あくまで最短でありもっと時間がかかるケースもあります。そのため、審査にかかる時間も見越して借入先を決めましょう。

 

振込融資なら平日14時がリミット

 

もしも振込での融資を希望するのであれば、平日14時というのが一つのリミットとなります。なぜ平日14時なのか?といいますと、それは銀行の営業時間が関係しています。銀行の振込業務は銀行の営業時間である平日15時までとなっていて、それ以降の振込は翌営業日の取り扱いになります。そのため、それに間に合うよう手続きできるリミットとして平日14時と設定されているというわけです。

 

ただこのタイムリミットも、各社によって時間や条件が微妙に異なります。利用の際には各公式サイトで情報を確認しましょう。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で即日振込も可能
【モビット】当日融資には14:50までの振込手続き完了が必要
【アコム】平日14時までに必要書類の提出
※詳しくは各公式サイトをご覧ください

 

実は即日キャッシングをしている業者でも、上記のように「何時までに手続きすれば即日融資可能」とリミットを明記しているところばかりではありません。どうしても急ぎで、という場合にはやはりこうしたリミットをはっきりと明記しているキャッシング会社を選択した方がいいかもしれませんね。

 

自動契約機ならそれ以降もOK

振込融資可能な時間に間に合わなかった…そんな場合でも、ローンカードさえあれば即日キャッシングは可能です。ローンカードは通常ですと郵送手配となり手元に届くまでには数日かかってしまいますが、自動契約機があるキャッシング会社でしたらその場でローンカードの発行が可能です。

 

大手の消費者金融は自動契約機を全国各所に設置しています。

 

特におすすめなのはプロミスです。プロミスは自動契約機の台数が全国で1,000台以上、さらに三井住友銀行ローン契約機も使えるので、合わせて全国で1,800台以上の契約機が利用出来ます。

 

またプロミス自動契約機の営業時間は9:00〜22:00までと長いため、仕事が終わってからローンカードの受け取りに行く、なんていうことも可能です。

 

口座があれば24時間振込対応も可能

通常でしたらタイムリミットのある振込融資ですが、一部のキャッシング会社では提携する特定の銀行口座を持っていれば24時間振込融資に対応してくれます。もしも該当する口座をお持ちの場合には、これを利用しない手はありません。

 

【プロミス】

三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座をお持ちの場合には24時間最短10秒で振込可能

【アコム】

楽天銀行口座をお持ちなら24時間最短1分で振込完了

 

注意点としては、振込融資には24時間対応ですが、審査時間は24時間ではありません。審査や手続きを所定の時間までに終わらせることが必要になりますので、詳しくは各公式サイトで確認してください。

 

土日祝日の即日キャッシングにも注意!

土日祝日の即日キャッシングの場合何に注意が必要かといいますと、平日と違って金融機関が営業していない可能性が高い、ということが挙げられます。金融機関が営業していないということは、ネットで申し込みはできても審査はしていない、また、銀行の振込業務も営業していませんから振込融資ができない、ということなどが具体的な問題となってきます。

 

そのため土日祝日の即日融資キャッシングの場合には、

  • 土日祝日でも審査を行っていること
  • 土日祝日でもお金を受け取れる融資方法があること

がポイントになってきます。

 

融資方法については先に挙げた自動契約機での即日カード発行、また24時間対応の振込融資サービスなどがあれば、土日祝日の即日融資も可能です。

 

またこれ以外にも土日祝日の即日融資キャッシングで注意が必要な点があります。それは在籍確認です。在籍確認は通常、申告した勤務先へキャッシング会社が直接電話をかけることで行なわれます。しかしもしも自分の勤務先が土日祝日営業していないという場合には、電話をかけても誰も出ませんから在籍確認がとれません。

 

こうした方の場合には、あらかじめ平日のうちに申し込みをして審査を受けておくか、あるいはどうしても土日祝日で即日で必要という場合には、キャッシング会社に直接電話で相談してみるといいでしょう。

 

必要書類は用意できるか?

即日キャッシングの注意点としてもう一つ、挙げられるのが必要書類です。必要書類は借入額によっては本人確認書類だけで借りられるケースが多いのですが、本人確認書類となるのは免許証や健康保険証といった普段から持ち歩いているようなものなので用意するのにそう手間はかかりません。

 

しかし、借入額が少し高額になってきますと、収入証明書の提出が必要になります。

 

【収入証明書】

・源泉徴収票
・給与支払い明細書
・特別徴収税額の通知書
・確定申告書
・課税証明書 
など

 

以上が収入証明書の一例になりますが、みてわかりますように、なかなかこれらを普段からお財布に入れて持ち歩いているという方はいらっしゃらないのではないでしょうか?別に緊急でお金が必要なわけではないのであれば、一度自宅に帰って収入証明書を探してから再度申し込みをする、というのでもいいかもしれません。

 

しかし、即日キャッシングでどうしても今日中に借りたい、というとき、もしも仕事ですでに家を出た後、もしくは外出先だったらどうでしょうか?収入証明書を用意するのは難しいですよね?とはいえ、収入証明書は必ず提出しなければならない書類ではありません。貸金業法では以下の通りに提出について定めています。

 

  1. 50万円を超える借入の場合
  2. 複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合

 

つまり、これを超えない範囲であれば収入証明書の提出は原則ありません。また、銀行カードローンの場合には貸金業者にあたりませんからこの影響を受けません。いくら以上の場合には提出、というように銀行ごとで提出額を定めています。

 

多くの銀行では100万円を超える場合、や200万円を超える場合、など割と高額な借入までは収入証明書なしで借りられるようになっていますので、もし貸金業法で定められている額を超える借入を即日で希望しているのであれば、銀行カードローンを選ぶというのも一つの選択肢となるでしょう。

更新履歴